TOPへ戻る

COLUMN

2019/03/28

一流のいい男に共通する7つの特徴

◆一流のいい男の特徴とは

一流のいい男とはどのような人のことを言うのでしょうか。
世間が言ういい男の条件とは、清潔感のある人だ、連絡をマメにしてくる人だ、どんな仕事でもこなせる人だ、といったことではないでしょうか。しかし、このようなことは今の男性であれば多くの人がクリアしているのではないでしょうか。
ここでは、もう少し突っ込んで一流のいい男になる特徴について見ていきましょう。 ◆自分の軸を持っていてぶれがない

自分の軸を持っているということは、言っていることや行動内容について一貫性があることです。相手との力関係や相手の力量によっては、自分が思ったことについての発言や行動にブレが生じてしまうことは少なからずあります。
一流のいい男の特徴としては、相手が強い弱いにかかわらず、自分が良いと思ったことに対して、軸がブレずにやり通す芯の強い意志を持っている男性です。
そのような男性には、異性だけでなく同性にも魅力的な男性に見えるのではないでしょうか。

◆自分を常に高い位置に置く目標を持っている

一流のいい男の特徴としては、自分を常に高める努力をしていることです。
人間は常に進化してこそ高みを目指すことができるのですが、それを継続していくことは並大抵なことではありません。
今日はこれでいいやといって妥協してしまうのが一般的ですが、一流のいい男は常に目標を持って自分を高みに導くための努力をコツコツ行い、常にプレッシャーと闘いながら目標をクリアし続けていくその継続性が大切で、周囲の人もその努力を見ていい男であると認識していくのではないでしょうか。

◆自分に素直な行動をとる

一流のいい男は、自分をごまかすことはしないという特徴を持っています。
例えば、相手から自分の容姿をほめられた時に、謙遜してそんなことはないよという場合が良く見受けられますが、それを男らしいと思っているあなたは勘違いをしています。
相手からほめられれば素直にありがとう、と答えてくれる方が相手にとっては気持ちがいいものです。そんなに素直に応えてくれる男性を見ると、相手はいい男だなあと信頼を寄せるようになり、周りに人が集まってくるようになるものです。

◆家族の時間を大切にする

普通の男性は仕事が一番といって精いっぱいこなし、仕事が終わったら飲みに行ったり遊びに行ったりと、家族との時間をあまり顧みず、育児や子供の教育を妻にまかせっきりという人が多くいます。
一流のいい男の特徴は、もちろん仕事は精いっぱいやり結果を出しながら、家族を大切にしています。妻との会話や子供とのふれあいをしっかりし、両方の親とも定期的に行き来をすることでコミュニケーションを取り、良好な関係を築いておこうとしています。

◆相手に対して気遣いをする

一流のいい男の特徴としては、相手に対して気遣いを持って接してくれることです。
女性とデートするとき、相手の女性にデートの誘いを受けてくれたことにお礼を言ったり、女性の服装や容姿をほめたりことで相手の女性もいい気持ちになります。
相手の女性は自分に対して気遣いをしてくれていると感じたときに、相手の男性に心が開き、なんていい男だと思うのではないでしょうか。

◆相手を見かけで判断しない

誰でも第一印象で相手のことを判断しているのではないでしょうか。
第一印象は、視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%、と見た目の印象が大変優先されることになります。実際は、その人がどのような人柄であるかは会って話をしてみないとわかりません。
一流のいい男の特徴は、第一印象では判断しないということです。
健常者であっても、障害者であって、子供でも大人でも、男性女性や人種にも関係せず平等に接することです。相手に対して誠心誠意向き合う姿がいい男の条件となります。

◆聞き上手な態度を常に心がけている

一流のいい男の特徴は、聞き上手な態度を常に心がけて実践していることです。
一般の人は自分のことを第一にしゃべりたがりますが、特に成功して実績のある人にはそれは顕著に出てきます。
人の自慢話は、はじめは少しだけならいいのですが、何度も聞いているうちにつまらなくなってくるものです。その中で、相手に会話を促して話を聞いてくれる人とは、会話も弾んで心地よい時間が過ごせたと思い、さすがいい男だとなるのではないでしょうか。 ◆誰もがいい男であると判断する条件

一流のいい男の特徴を見てきましたが、いい男の条件は、自分を大切にしていて筋が一本通っていることで、常に高い目標を置いていて、素直な行動を心がけ、家族や周囲の人に対して気遣いを忘れないことです。
相手を第一印象で判断することなく分け隔てをしないで、常に聞き上手を心がけて、相手との会話を楽しんでいるような男性がいい男であると判断される条件ではないでしょうか。

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL
TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL