TOPへ戻る

COLUMN

2019/05/22
デートクラブ

一人暮らし女子大生の平均的な支出はいくら?節約のポイントも解説!

一人暮らしの女子大生は思った以上に支出が多くなるものです。家賃や食費はもちろんのこと、他にも光熱費や通信費、美容代、雑費など生活のために必要な支出はたくさんあります。
女子大生が一人暮らしをした場合、1ヶ月でどのくらいの支出になるのでしょうか?
全国の大学生の平均を調べて1ヶ月に必要な金額をご紹介します。


◆一人暮らしの女子大生は月にどれくらいの支出になる?

一人暮らしの女子大生は1ヶ月でどの程度の支出になるのでしょうか?
家賃や食費をはじめ、女子大生だからこその支出も含めて平均的な金額を確認してみましょう。 家賃や住んでいる地域によって大きく変わりますが光熱費や雑費、食費などもライフスタイルによって大きく変わる部分です。
女性の一人暮らしの場合、美容代が必要だということも忘れてはいけませんね。


◆支出を減らすために押さえるべきポイント

・自炊をすること

食費を減らすためにはできるだけ自炊をすることが大切です。
外食をすれば1回の食事につき1,000円ほどの支出になることも珍しくありません。
1,000円を3食分とすると1日3,000円となるので、1ヶ月で90,000円にも跳ね上がってしまいます。
食費を25,000円以内に抑えようと思うと、1日3食食べるとして1回の食費は300円前後となるので自炊をすることは必要不可欠。
スーパーへの買い出しは閉店2時間くらい前に行って割引された食材を狙いましょう。

・格安SIMや格安スマホを利用すること

大手携帯キャリアのスマホを使っていると、どれだけ通信費を節約したとしても6,000円前後はかかってしまいます。
ところが格安SIMや格安スマホを利用すれば、1ヶ月のスマホ代を2,000円までで抑えられることも。
携帯キャリアを変更したくないという場合はショップに行ってプランの相談をしてみてください。

・必要のないものは買わないこと

上でご紹介した支出の中で、一番支出を減らせるのは「その他雑費」です。
その他雑費の中に入るのはティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの日用品や、お菓子、ガム、タバコ、ジュースなどの嗜好品です。
生活にとって必要なものは仕方ありませんが、嗜好品は生活にとって絶対に必要ではなく自分でも無意識のうちに買ってしまっていることが多いもの。
一つひとつの価格が安いので意識しませんが、嗜好品を減らすだけでも全体の支出は大きく変わりますよ。 ◆女子大生の一人暮らしの支出は想像以上

女子大生が一人暮らしをする場合の1ヶ月間の支出を、住んでいる地域ごとにご紹介しました。
最低でも1ヶ月間で95,000円が必要で、143,000円が平均的な1ヶ月間の支出です。
生活費を減らすためには、毎日自炊をして必要ないものを買わないようにして…と想像以上に一人暮らしは大変です。
女子大生ともなれば美容代がもっとかかるということもあるでしょうから、交際クラブなどで助けてくれる男性を見つけるというのも女子大生の一人暮らしのコツでしょう。

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL
TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL