TOPへ戻る

COLUMN

2020/05/26
恋愛
NEW

初心者のための基本的なメンズメイクの方法を伝授!

男性の美への意識が高まっている昨今、メンズメイクをやってみたいけれど、何をどうしたらよいのかわからないという男性もいますよね。
そこで、この記事ではそのような男性に向けて、メンズメイク初心者のための基本的なメイクの準備や方法についてご紹介していきます。

まずはメンズメイクに必要なアイテムを揃えよう

初心者の方は、まずメンズメイクに必要なアイテムを把握しましょう。
メンズメイクをするには、鏡などの道具や化粧品を用意するほか、スキンケアによる肌の下準備も大切になります。

メンズメイクの下準備

メンズメイクの下準備として、まずはスキンケアをしなくてはいけません。
そこでまず、スキンケアに必要なアイテムを揃えましょう。
最低限必要なのは次の3点です。

・鏡
・クレンジング
・化粧水

メンズメイクは、鏡で自分の顔をチェックしながら行いますので、まず鏡は必須アイテムとなります。
そして、メイクを施す以上、メイクを落とすためのクレンジングも用意しておかなくてはいけません。
また、メイクの前には化粧水などでスキンケアをして肌を整えます。

さらに、肌の状態に合わせて、乾燥しやすい人は乳液やクリーム、日焼けする人はシートパック、また唇のケアにリップクリームなど、必要に応じて用意するとよいでしょう。

・乳液
・シートパック
・リップクリーム

メンズメイクに必要なアイテム

次に、メンズメイクに必要なアイテムを揃えます。
まずベースメイクには、次のアイテムを使います。

・化粧下地
・ファンデーション
・コンシーラー

肌のテカリや赤み、化粧崩れを防ぐために使うのが化粧下地です。
そして、肌をきれいに見せてくれるのがファンデーション。
コンシーラーは、例えばニキビ跡やシミ、青髭の濃い箇所など、特に気になるところを隠すのに使います。

また、初心者のポイントメイクについては眉メイクのアイテムがメインとなります。

・アイブロウ
・眉ブラシ
・眉バサミや眉シェーバー

アイブロウとは、いわゆる眉ペンや眉パウダーのことです。
メンズメイクでは、眉をカットして形を整えるのが王道な方法となっています。

ほかにも、ポイントメイクには、アイプチやノーズシャドウなどのメイクアイテムがありますが、初心者はまず肌をきれいに見せて眉を整えるところから始めるのがおすすめです。

メンズメイクの前に知っておきたいスキンケアの方法

では、メンズメイクの前にスキンケアの方法からご紹介します。

基本的なスキンケアの方法

スキンケアは、次のような方法で行います。

1.洗顔
いつも使っている洗顔フォームを使って、たっぷりの泡で顔の汚れをきれいに洗います。
泡をきれいに洗い流したら、タオルでこすらず、おさえるように水分を拭きとります。

2.保水
洗顔後は、間髪入れずに化粧水で肌に水分を与えます。化粧水を適量手に取り、やさしくおさえるように肌に浸透させていきましょう。

3.保湿
保湿力のある化粧水なら、2の保水だけでもよいのですが、肌の状態に合わせ、乾燥肌の人は乳液やクリームで肌の水分を閉じ込め、しっかりと保湿をします。
保湿アイテムは、油分の少ないものから次のような順で使うのが基本です。

化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ 乳液 ⇒ クリーム

なお、これらが一つになったオールインワンタイプのものもあります。

メイク後はクレンジングが大切

わりにはクレンジングでしっかりメイクを落としてスキンケアします。
クレンジングには、オイルやジェル、ミルクやクリームと、さまざまな種類のものがあり、シートタイプの拭きとるクレンジングも手軽で人気ですが、手で落とすタイプの方が肌にやさしいです。
濡れた手で使ってもOKなクレンジングはお風呂でも使えて便利ですが、手や顔が乾いた状態で使うタイプのクレンジングが主流です。
基本的なクレンジングの方法は、適量を手に取り、指の腹を使ってやさしくメイクと馴染ませていきます。メイク汚れを浮かせていくイメージです。そして、浮かせたメイク汚れはぬるま湯で洗い流します。
クレンジング後は、前述の基本のスキンケアをして肌を整えましょう。

初心者もできる簡単なメンズメイクの方法

では、下準備の方法がわかったところで、初心者でも簡単なメンズメイクの方法をご紹介します。

ベースメイクの方法

ベースメイクの方法は次のとおりです。

1.化粧下地
化粧崩れを防ぐため、まずは化粧下地を顔の内から外に向かって顔全体にまんべんなく塗りましょう。
化粧下地は肌を保護できるほか、毛穴の凹凸を埋める、肌の赤みを隠す、テカリを防ぐといった役割もあります。

2.ファンデーション
ファンデーションには、BBクリームやリキッド、パウダーなど、さまざまな種類のものがありますが、初心者にはBBクリームが使いやすいでしょう。
指の腹やスポンジを使って顔の内から外に向かって塗っていきます。
初めはムラになりやすいので、なめらかな三角スポンジなどを使って手早く伸ばすのがおすすめです。

3.コンシーラー
ニキビ跡やシミ、髭の濃い箇所など、気になるところにコンシーラーを重ねます。
コンシーラーには、スティックタイプやクリームタイプのものがあり、初心者にはクリームタイプが使いやすいですが、カバー力が高いのはスティックタイプです。

ナチュラルに仕上げたいメンズメイク初心者は、化粧下地だけでも肌はきれいに見えますので、まずは化粧下地だけ塗ってみるのもよいでしょう。

ポイントメイクの方法

イク初心者のポイントメイクといえば、眉メイクです。
眉メイクは次のような方法で行います。

1.なりたい眉毛を描く
理想の眉毛のデザインをイメージして、アイブロウで直接眉に描いてみます。

2.眉毛をカットする
デザインからはみ出た余分な眉毛を眉バサミや眉シェーバーを使ってカットしていきます。

3.眉ブラシで毛並みを整えて仕上げる
ブラッシングして毛並みを整え、長すぎる毛があればカットします。濃すぎる箇所は長さを短くすることで薄くできますし、薄さが気になるところはアイブロウで描きたせば濃くできます。

最初になりたい眉のデザインに整えておけば、日々のお手入れは必要に応じて2と3だけでOKです。

ポイントメイクには、眉メイクのほか、アイラインやアイプチなどによるアイメイク、鼻を高く見せるノーズシャドウなどもあります。

まとめ

初心者は、とかくメイクが濃くなりがちです。そのため、最初はシンプルなメイクから始めることをおすすめします。
ベースメイクで肌をきれいに見せ、眉メイクをするだけで、かなり印象が変わるものです。
初めは、化粧下地を塗ってみるだけでもいいですし、長すぎる眉毛をカットするだけでも違いますので、今回ご紹介した内容を参考に、簡単にできるところからメンズメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL
TEL 03-6303-3945 0120-954-815
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL