TOPへ戻る

COLUMN

2020/10/02
デートクラブ
NEW

元パパ活女性の思い出に残っているデート ①既婚パパと恋人のような時間

はじめまして。
この度記事を寄稿させていただくことになりました、あおい(仮名)です!

わたしは20~22歳にかけて1人の既婚パパと関係を持っていました。
現在は関係を解消している状態なので所謂、元・パパ活女子ですね。笑

わたしの場合、運や相性が良かったのか、マッチングしたパパはとても素敵な方で一緒にいる時間は恋人同士のようで楽しかったです。

しっかりお手当も貰えましたが、それ以上にパパと過ごした時間は学べたこともあり、わたしのパパ活ライフは私生活では絶対味わえない、貴重な体験といっても過言ではなかったです。

たくさん思い出がありますが、とくに思い出深いパパとのデート話を語っていきます。笑


ドキドキ面接...顔合わせはお洒落なカフェで!



パパとは”優良”な交際クラブで知り合い、連絡をかさねていよいよ顔合わせ!

相手の男性は30代の既婚者で、パパ活男子の中では比較的若い方でした。

年の差おおよそ10歳ほどでしたがフランクなパパだったので、アプリやラインでの会話は楽しく弾んでいました。

会うのが楽しみな半面、”顔合わせ=面接”という認識をしていたのでパパと関係を築いていけるか、わたしを気に入ってくれるかと内心は緊張していました。

『コーヒ屋さんで、軽くお話しましょう』

といった流れで、顔合わせ当日池袋の東口で待ち合わせることとなり、彼とご対面。

彼の第一印象は、”ワイルドなお兄さん”といった感じでしたがラインでのやり取りと同じく、話しやすく気さくな方でした。

ス◯ーバックスのようなコーヒー屋さんに行くのかな?と、彼の後ろを着いていったのですが、なんとお洒落なオーガニックカフェへ。

彼、お腹が空いていたそうです。笑

カレーが好きらしく、美味しそうに頬張っていたのを今でも覚えています。

面接というよりお互いの条件を伝え合い、そこで晴れて彼はわたしの”パパ”となりました!

余談ですが顔合わせ分のお手当はありませんでしたが、美味しいガパオライスをごちそうになりました。笑



『君といる時が1番落ち着くよ。』ほろ酔いパパのとの個室ディナー



パパとのデートは週に1回から月に3回程度。

ショッピングや人気スポットへデートをした後、ディナーをするというのが決まった流れでした。

また、ディナーは必ず個室のお店。

人目を気にせず、ごはんもお酒も美味しいお店に良く連れてってもらいました。

パパはお酒が好きだといっていましたが、酔いやすい人だったので良くほろ酔いな姿をわたしに見せていました。

お酒が入ると会社の愚痴や奥様のはなしなど、シラフでは絶対はなさないようなことを教えてくれていたのですが、

ある日デート終わりのパパとのディナーで...

『他の女の子たちよりも、君といる時が1番落ち着くよ。』

そんな事をいっていました。

要するにパパは、わたし以外にもパパ活女子を囲っていたそうです。笑

容姿もカッコいい人だったので、『他の女性とも関係を持っているんだろうな』と薄々思っていましたが、案の定でしたね。笑

他のパパ活女子とはどんな交流をしているのか気になり、パパに聞いてみたところ...

『バッグや財布の”おねだり”がしんどい。』

とのことでした。

複数名と関係を持っていたパパでしたが、関係が続くことがなくパパ活女子を取っ替え引っ替えしていたそうです。

おねだりを一切しない、純粋にデートを楽しんでるわたしを気に入ってくれたそうです。笑

後日、パパから謝罪のラインが来ました。笑

最後に...

女性関係に少しだらしなさが見えたパパでしたが、嫌な時に肉体関係を執拗に強いられることもありませんでした。



常に一定の距離を保つ。



パパもわたしもデートを純粋に楽しんでいましたが、一定の距離を置いて接していたようにも感じたので、パパ活以上の関係を築くことはありませんでした。

関係を解消したのも、当時わたしの就職先が決まった、ということから円満に別れることとなりました。

正直寂しさはありましたが、喧嘩やお互いの不満によって関係を解消するより、ずっと後腐れがないですよね。

最後のデートでパパから就職祝いということで、高級のシャンプーとトリートメントを頂きました。

パパ曰く『最後のプレゼントは後に残らない物の方が良い。笑』

と、いっていました。笑

わたしのパパは最後の最後まで、優しい素敵な方でした。

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
Chinese/English 080-4067-1535
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL