TOPへ戻る

COLUMN

2018/07/30
恋愛

告白の成否を決めるポイントとは?成功させるために知りたいこと

相手に好きだと告白することは、いくつになってもドキドキするものです。どこで告白するか、いつ告白するか、どんな言葉で告白するのか、断られたらどうしよう、付き合うことになったらどうしよう…成否を考えるだけでも不安になります。そこで告白を成功させたい方は、知っておくと成功しやすくなるポイントがあるので参考にしてみてください。ここでは告白の成否を決めるポイントを3つ紹介します。 ■告白の成否はする前に決まっている
告白の成否について男性が驚くポイントが、女性は告白する前から成否が決まっていることです。今まで、どう出会って過ごしてきたか、これまでですでに返事は決まっているのです。成否の判断を下す基準は、恋愛対象として相手を見えるか、男性として魅力はあるかの2つです。もっと突き詰めれば抱かれてもいいと思えるかが、成否の判断の答えになります。つまり、どんなタイミング、シチュエーションで告白しても、結果は変わらないのです。そのため告白の成否が怖くて不安でも、気負う必要がなく、念入りな準備をすることはありません。また、告白で断られたという場合は、今までの2人の関係が恋愛関係まで到達していないケースだと言えます。女性の中には、好意を持っていない男性から急に告白されて断ったけれども、その後、恋愛対象として見るようになったというケースもあります。

■告白はただの意思表示
告白はしても相手がすぐ返事をしてくれるわけではありません。告白してすぐに成否を知りたい人は多いですが、すぐに返事がもらえることは少数と考え、告白はただの意思表示であると認識しましょう。この人は好意を持っている、好きと思ってくれていると、相手に伝われば、告白は終了です。もしも自分が告白される立場だったら、好意を寄せられることは嬉しいことはもちろん、相手を意識することは間違いないです。告白することが人生の一大イベント!のような気持ちになってしまう人がいますが、返事を期待せずに、もっと気楽な気持ちで告白することが重要です。相手に思いを伝えるよりも、2人の関係性の方が大事と考えてください。ドラマや漫画のように、はいと返事がもらえることは稀なケースで、告白されてからが恋愛スタートと思えば、そんなに緊張せずに告白できるでしょう。

■告白して断られても気にしない
告白をして相手に断られて、もうだめだと落ち込んだり、相手を避けるようになってしまったり、深刻にとらえる男性は意外と多いです。しかし、断られて失敗したと思いがちですが、好意を持っている意思表示ができただけでOKなのです。自分が相手の望むような異性ではなかったのか、容姿が好みではなかったのか…と、自分を責めないで、次の行動を起こすようにしましょう。断られても次は成功するかもしれませんし、一生付き合えないわけでもありません。断られるのはお互い気まずくなってしまうからで、嫌いという意思表示ではありません。何回も告白して相手が嫌がっている場合は別として、好意を持っている相手に対して嫌いだと思うことはないと、前向きに考えることがポイントと言えるでしょう。 誰でも相手に告白することは緊張してしまうもので、断られることが怖いという人がほとんどです。告白を成功させたい方は、成否を決めるポイントを知ることで、心構えをすることができるので、3つのポイントを押さえておきましょう。ここでは今まで考えていた常識がくつがえすポイントを紹介しているので、成功させるために知っておいてください。

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
Chinese/English 080-4067-1535
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL