TOPへ戻る

COLUMN

2021/09/01
愛人募集契約

パパ活に年齢制限はある?○○歳迄のパパ活女子は十分に需要あり

「パパ活って何歳までできるの?」
「30代になったらもう需要ない?」

実はそんなことはありません!パパ活をしている年代は実はかなり幅広いんです。
特に30代〜40代前半くらいまでは十分にパパ活で暮らしていけます。
20代以上の年代の女性はすでに結婚していたりするので、あまり公表していない人が多いだけ。
実は既婚者でパパ活をしている人もいるんですよ。

今回はパパ活の年齢制限と、年代別の稼ぎ方を解説します。
40代後半以上の女性でパパ活したい人向けの内容にも触れているので、ぜひ読んでみてくださいね。

パパ活の年齢制限は40代前半まで


あえて年齢制限を設けるのであれば、パパ活は40代前半くらいまでの方におすすめの方法です。
それ以上の年齢になると、愛人契約を視野に入れたほうが稼げるでしょう。
年齢ごとにパパ活のデート内容やお手当が違うので、それぞれ解説していきますね。

20代女性は全年齢の男性を対象にパパ活できる


パパ活をしている女性の6〜7割は20代の女性です。
特に20代後半あたりは需要が非常に高いと言われています。
社会人経験があるので話があいやすく、若すぎて話が合わないという不安がないからでしょう。
デートの内容は食事のみの健全なものから、体の関係を持つ『大人の関係』までさまざまです。
パパ活のお手当相場は、ほぼ20代女性の水準で計算されています。
食事で1万円程度、体の関係で3〜5万円は狙えるでしょう。
容姿が優れている場合は、これ以上の金額を一回のデートで稼ぎ出すこともできますよ。
20代の女性はどんなパパ活でも通用するので、普通以上の容姿ならパパを見つけることができます。

30代女性はまだまだパパ活の需要が高い


30代女性は案外パパ活市場では需要が高く、特に40代以上の男性から人気があります。
パパの中には「20代女性は若すぎて苦手」という人も結構いるからです。
反対に30代の女性は社会経験があるので落ち着きがあり、また既婚者の場合はお互いに気兼ねなく割り切った関係を持ちやすいのもメリット。
食事のみから大人の関係までパパ活デートの内容は幅広いですが、30代以上になると男性経験も多いため大人の関係を持つ人が多いです。
お手当の相場も20代とさほど変わりませんが、30代後半になるにつれて5,000〜10,000円程度下がる傾向があります。

40代以上の場合は50代以上の男性を狙うべき


40代以上の女性でパパ活をしている人もいます。
特に40代前半くらいまではパパ活での需要も結構ありますよ。
狙う男性の年齢層は50代以上、彼らからみたらまだまだ若い女性だからです。
40代以上の女性を好む男性は人妻好きが多いので、既婚者が案外人気。
デートの内容は食事のみはあまりなく、体の関係を求められることが多いようです。
お手当の金額は3万円程度と少し下がりますが、まだまだパパ活できる年代ですよ。

40代後半はパパ活ではなく愛人契約してもらった方が稼げる


40代後半の女性の場合は、パパ活よりも愛人契約を狙った方が良いでしょう。
パパ活で単発のお手当てをもらって生活するには、ある程度男性の人数を確保することが必要です。
しかし40代以上になると、やはり20代・30代の女性よりは出会える男性が少なくなります。
そのため単発デートで稼ぐよりも、一人の男性に生活の面倒を見てもらえる愛人契約がおすすめなんです。

まとめ


今回はパパ活の年齢制限について考えてみました。
30代の女性は市場ではかなり需要があるので、自信を失う必要はありません。
40代前半の女性は、自分より年上の50代以上を狙うことでパパを確保することができます。
40代後半になると出会える男性の数が減ってくるため、愛人契約をしてくれるパパを探すのがおすすめ。
デートクラブやアプリを活用し、自分の年代を求めているパパを探してみましょう!

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
Chinese/English 080-4067-1535
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 CALL